子供

子供(こども)は、年少者、未成年者(成年に達していない者)、親もしくは大人の庇護を受けているもの、小人を指す。または、親と対比しての年少者(息子・娘)を意味することもある。
しばしば表記を巡って「子供」「子ども」「こども」のいずれがよいものか争われる(下段参照)。俗語では「ガキ」(餓鬼)・「ジャリ」とも。

何歳までが「子供」とするかについては、子供観での慣習あるいは法制などで異なる。例えば、日本においては、喫煙や飲酒は20歳から、パチンコは18歳から、婚姻できるのは男18歳/女16歳から(ただし、20歳未満は親の同意が必要)、また犯罪を行った時に刑事処分可能となる年齢は14歳からとされるなど、制度上の年齢基準は個別法により異なり統一されてはいない。
また、子供と大人の間に青少年というカテゴリーを設ける場合も、その境界線は一定ではない。ただ大雑把な分類として、日本では以下のような分け方がある。

未成年者 - 20歳未満の男女 少年 - 10代の男性(日本の少年法の定義では20歳未満の男女)
少女 - 10代の女性
児童 - 小学校就学から満18歳に達するまでの者(児童福祉法の定義による。母子及び寡婦福祉法では満20歳に達するまでの者。学校教育法ではまた異なる定義)
幼児 - 満1歳から未就学の児童(同上)
乳児 - 生後0日から満1歳未満の児童(同上)
青少年 - 15ー20歳代前半くらいまでの男性(日本における青少年保護条例の定義では18歳未満の男女)
青年 - 10代後半ー20代後半くらいまでの男性(JICAの青年海外協力隊募集年齢では20歳から39歳まで)

高校面接講座 高校入試の面接についての対策などを詳しく紹介されています。 大学偏差値ランキング 大学の偏差値や難易度などを紹介されています。

表記について

教育や福祉の世界では、「子供」の表現を避けて「子ども」表記が推奨されることが多い。その理由としては、 「子供」の「供」の字は、「お供」、すなわち子供が大人の附隨物であると連想させるため 神に奉げる「供え物」の意味につながるため 「子供」の「供」は当て字なので、漢字に意味はなく、平仮名にすべきである などの理由(差別につながるという主張が多い)から、漢字を開いて「子ども」と表記するべきというものである。そのためか、教育の世界では「子供」ではなく「子ども」と表記することが、現在の慣習となっている。

一方、こうした意見に対して、 熟語のひらがな交ぜ書きに対する反発(表外字との交ぜ書きならともかく、供は教育漢字である) 「こども」の言葉は万葉集(『萬葉集』「胡藤母」「子等」)までさかのぼるが、「ども」の原義は、「男共」「女共」などと同じく複数をあらわす接尾語、「ども」に由来し、お供の意はないとするもの(註:ただし、現代においては複数の意は薄れ、「子供」で一つの語となっている。その証拠に「共」ではなく「供」の字を使っていること、「子供達」という表現はあるが「女共達」という表現はないことなどが挙げられる)

「子ども」は、罵って「豚ども」「白人ども」「黒人ども」などという時の見下した他称表現「ども」と重なるので、「子供」よりもむしろ「子ども」の方が差別的である
差別につながるといっても、法律で使うことが禁止されている訳ではないこと。
という反対論がある。また、漢字の意味を問題にするなら、「児童」の「童」には「しもべ」「愚か」という意味があるため、「児どう」と表現しなければならない、という皮肉もある。
他に、「子ども」と書くくらいなら全て平仮名とし、「こども」と書くべきだという主張もある。
なお、日本における祝日の一つ「こどもの日」は、「こども」と規定されている。

私立高校偏差値 私立高校の偏差値、特に関西の高校について紹介されています。

子供と権利

私立高校偏差値

高校面接

子供に対する社会一般の扱いは、カテゴリー化によって権利を侵害・抑圧しているという点で他の差別問題との共通点を持っている。しかし、子供は精神的・肉体的に未熟であり、保護・教育が必要であるという観点から、子供が権利を行使する際に不十分な部分を親などの代理人が補うべきとされている。また、この親などによる補完は子供の成長に応じて制限されると解されている。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エルメス〜スカーフ、財布、手帳〜 ルイヴィトン ダミエ デニム スカート、ジーンズ、スキニー スキニーデニム